channel14レポート
c0003757_1492547.jpg
3/15(火)map presents, channel14 feat. the Red Krayola に三田村管打団?で出演。
小栗栖憲英のしっとり弾き語りが終わり、間髪入れずに、会場側からバババー!!と爆音それからフロア歩きながら、パー、パーッと単音伸ばし。吹きながらステージへ。終わりはまたフロアにおりて山科音頭、唄パー、パラッパラッパラッパラッパラッパ!で締め。
noonはステージが高いから、客との距離も縮めたく、客の中に積極的に混じったライブだった。
① 爆音 ② 単音伸ばし ③ ヴァソリーニャ ④ ゆがんだウガンダ ⑤ 管打団、西へ ⑥ ふくろう ⑦  ピンチでパンチ ⑧ 山科音頭 
かなり評判も良かったし、観客の反応も良かった(僕らがノリノリなのに、床に座り続ける客はどうかと思ったけど、ニコニコしてるし・・・)。でも、僕らを一番賞賛してくれたのは、メーヨ・トンプソン御大、ありえないほどの賞賛の言葉を述べてくれた、今度一緒に録音しようって(どこで?)。
CDRプレゼントしたら、全員のサインが欲しいって、寄せ書き状態に。ほんとにいいおじさん。
mapの小島さんも今回のツアーが今までオーガナイズした中で一番やり易い、老人(R・K3人の平均年齢62歳!)達が優しくって、「無理してないか?疲れてないか?」って気を使ってくれるって。小田さんには「アリ君、CDの売り方間違ってるよー」とお叱りを受けた、「女の子達が売り子をすれば、いくらでも売れるのに~」と。そうだ、その通りだ。貯金増やして、CD出したいし、これからギャル(?)総動員で「CDかってくださ~~い」とやってもらおう。あつしひろしもレッド・クレオラもパワフルでこういう大人になりなさいという手本のようでした。チャンチャン。
[PR]
by mitamurakandadan | 2005-03-22 14:07
<< 4/1ライブリポート 4月1日ライヴ~Occupat... >>